公共料金はクレジットカード払いが断然お得!

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎月、決ったときにくる支払いに公共料金があります。多くの人は、銀行をはじめとする金融機関の口座振替、もしくは、郵送されてくる振込用紙からのコンビニ払いという支払い方式をとっているのではないでしょうか!?


この前もコンビニで支払いをしている人を見かけましたが、実は結構、もったいないことをしてるんです。何がもったいないかと言うと、普通に考えて見ても分かりますが、口座振替や振込み用紙の場合は、ただ、請求された金額を支払っているだけです。

それが当たり前なのでは!?という人もいると思いますが、賢くクレジットカードを使っている人は、公共料金の支払いもクレジットカードを使うのです。それは、何故か??・・・利用金額に応じたポイントが貯まるからです。

crecacard.jpg

その上、一般カードながらブラックカードのような輝きを放つ、P-one FLEXYカードのように公共料金の支払いにカードを使えば、1%割引されるサービスなどもあるので、ポイントを稼ぐ以外にも得するわけです。

公共料金には、電気料金、ガス料金、水道料金、電話料金などありますが、電気料金、電話料金は、全国どこでもクレジットカード払いに対応しています。ガス料金、水道料金に関しても、対応しているところがどんどん増えてきています。

ただ、1つだけ注意しなければならないのが、口座振替だと割引を適用しているところがあるからです。その場合は、電気料金から発生するポイントの価値をしっかりと計算してみて、どっちがお得なのかを見極めてみましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.credithearing.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、credが2012年3月25日 15:51に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「電子マネー付きクレジットカードは使えます!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3